私たちは平成23年6月5日に夢(ドリーム)プラン・プレゼンテーション第1回金沢大会』を開催しました。

そして平成24年6月3日に『金沢ドリプラ2012・春』を、9月30日に『金沢ドリプラ2012・秋』を開催しました。

平成25年は5月19日に春の大会を、10月12日に秋の大会を開催します。

毎年この大会を開催し続けて大人も子供も夢を語り合うことが普通の社会にします。
一緒にこの活動をしませんか?。

手伝いたい・一緒にやりたい・プレゼンターになりたい・・・・

この会に関わりたい方、ご連絡をお待ちしております。

ドリプラ金沢大会実行委員会 
代表 北島洋一


ご連絡いただける方はこちらのフォームからお願いします


2010年07月07日

ある講演録 その14(最終回)

(その13より続く)

で、今回も、実は、重度の障害を持った発表者の方が二人いらっしゃいます。

島根県と岩手県から、わざわざ、本当に長い道のりを来て下さいました。

それからホームレスのような生活をしていたことがある、フリーター。

そして主婦。

それから路上アーティスト。

もちろん普通の人も。

ああ、みんな普通の人ですけど(会場・笑)。

いろんな過去の経験を持った人たちが、9人集まってきて、

そして、夢を語ってくれます。


確かに、プレゼンテーションって、

技術的なものや、いろんなノウハウが必要です。

でも、何より、その人の生きざま、生きている姿が映るんです。

で、それを、皆さんに体験していただく。

自分の生きざまを、自分の将来の夢を、そして自分がワクワクして、

みんなでいっしょにワクワクする、そういう会にしたいって思っています。


で、今日は、わがままがいっぱいあるんですけど、

皆さん、是非、500名で発表者の応援をしたいんですね。

こんなに一生懸命生きている人を応援したい、

っていうメンターカードというのがお手元に用意してあると思うので、

ぜひ、そこに、応援のメッセージ、

「こんな手伝いができるよ」

「こんな応援ができるよ」

「こんなふうにしたらどう?」

「頑張って下さい」

何でもいいです。

励まして、やる気にさせる、応援のメッセージを、ひとことでもいいですから、

発表者1人1人に書いていただいたらありがたいと思います。


そして、今日は、感動大賞と、共感大賞と、二つを、

最後に、皆さんの投票だけで選びたいと思っています。

特に大きな意味はないんですが、

発表者のひとつの励みとして、

そういうものをみんなで選ばせて頂けたらいいなって思っています。

で、いずれにしても、日本中が、夢で包まれる、

そして、大人が夢を語り、子供たちが一緒にワクワクする社会を作りたい、

その第一日目が、今日です。


今から始まります。

では、一緒に、大人のワクワクと夢を一緒に体験したいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

(会場・大きな拍手)

Fin




同じカテゴリー(講演録)の記事画像
ある講演録 その13
ある講演録 その12
ある講演録 その11
ある講演録 その10
ある講演録 その9
ある講演録 その8
同じカテゴリー(講演録)の記事
 ある講演録 その13 (2010-07-06 12:56)
 ある講演録 その12 (2010-07-05 18:50)
 ある講演録 その11 (2010-07-04 12:50)
 ある講演録 その10 (2010-07-03 12:49)
 ある講演録 その9 (2010-07-02 19:04)
 ある講演録 その8 (2010-07-01 12:01)
Posted by ドリプラ金沢大会実行委員会 at 12:00│Comments(0)講演録
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。