私たちは平成23年6月5日に夢(ドリーム)プラン・プレゼンテーション第1回金沢大会』を開催しました。

そして平成24年6月3日に『金沢ドリプラ2012・春』を、9月30日に『金沢ドリプラ2012・秋』を開催しました。

平成25年は5月19日に春の大会を、10月12日に秋の大会を開催します。

毎年この大会を開催し続けて大人も子供も夢を語り合うことが普通の社会にします。
一緒にこの活動をしませんか?。

手伝いたい・一緒にやりたい・プレゼンターになりたい・・・・

この会に関わりたい方、ご連絡をお待ちしております。

ドリプラ金沢大会実行委員会 
代表 北島洋一


ご連絡いただける方はこちらのフォームからお願いします


2010年07月02日

ある講演録 その9

(その8より続く)

その条件が厳しければ厳しいほど僕は、起業家が育つと思うんです。

環境が恵まれたらなんでも出来る、じゃなくって、

厳しい環境の中でもきっとなんでも出来るんだろうと思うんです。

で、そこに挑んでもらいたくって、本当に発表者の方々には、

無理難題を、制約条件を、いっぱいつけて、

本当に、なんか、申し訳ないなと思いながら、

この条件を、わがままなくらい、つけさせていただきました。


えー、で、僕は、やっぱりその、人って、何でも教えて教えられた通りに

やるっていうのも、よくないって思っているんです。

その人らしさ、その人の魅力、その人の思い、

それが無ければどんなにカッコ良くても、きっと、

何の意味もないと思うんです。

どんなにうまく行きそうな事業であっても、

その人がその人の人生をかけた、

自分らしさにあふれたものでなければならない。

実はこれが支援をしていて難しいところなんです。

こうしたらいいのにって思うこともあるんだけど、

本人が決めなければならないんです。

だから、本人が納得して、本人が決めて、

もちろん、きっかけは僕らが作るんですけども、

本人が悩んで、本人がその悩みをつきぬけて作ったものでこそ、

人に伝わると思うんです。

だから、悩む時には大いに悩んでもらって、

そして、でも、僕は支援をやめない。

悩んでいる時も、ずっとそばにいるよって。

実は僕はそれが最高の支援って思っています。

僕がきっかけを与えて、本人が見つけて、つかんで、そして形にしていく、

その過程がこれからの人生や仕事に、絶対に必要だと思うんですね。


(その9終わり。その10へ続く。その14で終わりです。)





  

Posted by ドリプラ金沢大会実行委員会 at 19:04Comments(0)講演録